妊娠中にお腹の真ん中に出来る線

のこと、妊娠線と思っている方

意外と多いですよね。

 

でも、これは妊娠線ではなく

正中線(せいちゅうせん)と

呼ばれるものです。

 

お腹のど真ん中に

真っ直ぐ入る

茶色っぽい線です。

 

これ、消えるの?

と心配のママも多いですよね。

 

この記事では

正中線が出来る理由

正中線と妊娠線の違い

について

書いています。

 

 

正中線が出来る理由は?

 

正中線は、実は生まれながらに持っているものです。

 

女性だけではなく、男性にもあります。

 

これは、胎児の頃に細胞分裂したときの名残です。

 

お腹以外にも、

鼻の下やあごに出来る割れ目なども

同じように細胞分裂したときの名残です。

 

通常は、正中線があるとは気付かない程の

薄さです。

 

でも、妊娠するとお腹が大きくなり、

皮膚の厚さが薄くなります。

 

そのため、元々薄い正中線がはっきりと

目立ち始めます。

 

また、ホルモンバランスの変化で

メラニン色素の分泌が多くなります。

 

茶色っぽくなるのは、このメラニン色素が

蓄積されたことにより濃くなるのです。

 

 

妊娠すると、乳首や外陰部などが

黒ずみますよね??

 

それも、このメラニン色素が分泌

するためです。

 

妊娠線が目立ち始めるのは、

妊娠20週前後から出来る人が多いです。

 

お腹の大きさがふっくらしてくる時期ですからね。

 

しかし、20週というのは目安ですので、

お腹の大きさやホルモンバランスの影響で

もっと早くから目立つ人もいます。

 

 

逆に、臨月になっても

目立たない人もいます。

 

正中線と妊娠線の違い

 

正中線を妊娠線と思ってしまう人も

少なくはありません。

 

濃くなった線を見て、

ビックリしてしまいますよね。

 

しかし、正中線と妊娠線は

まったく違うものです。

 

正中線は元々あるものが

メラニン色素の分泌により

現れます。

 

しかし、妊娠線というのは、

急激にお腹が大きくなり、

皮膚が引っ張られ亀裂が生じます。

 

この妊娠線は、お腹だけではなく

太ももやお尻、胸などに出来ることもあります。

 

正中線は、出産後、ホルモンバランスが

元に戻るにつれ、徐々に薄くなっていきます。

 

乳首なども、黒に近い程の色でビックリしますが、

産後は時間が経つにつれ、

気付くと元の色に戻っています。

 

しかし、妊娠線は一度できてしまうと

消えることはありません。

 

 

正中線はいつ消える?

 

正中線は、産後半年から1年かけて薄くなります。

 

ほぼ目立たなくなりますので、ご安心ください!

 

 

ただし、消える時期はホルモンバランス

が影響しますので

1年以上消えないママもいます。

 

1年以上消えないと

このまま消えないんじゃないかと

少し不安になりますよね。

 

妊娠線のケアも保湿が大切ですが、

正中線も保湿することで

薄くなる効果が期待できます!

 

顔のケアと一緒で

お肌を保湿し、潤いを与えることで

細胞の新陳代謝を促します。

 

そうすることで、

蓄積されているメラニン色素を

早く追い出すことが期待できます。

 

また、クリームも大事ですが

ホルモンバランスを整えることも大切です。

 

しっかりと栄養を取り、

ストレスを軽減しましょう。

 

睡眠不足が続いている時には

パパや周囲の人に協力してもらい

ママがしっかりと休めるようにしてください!

 

 

正中線で赤ちゃんの性別がわかるの?

 

よく、正中線を見るだけで

赤ちゃんの性別が分かると

聞きますよね。

 

正中線がくっきり出ると男の子。

あまり目立たなければ女の子。

 

でも、これは科学的な根拠はありません!

 

正中線だけではなく、

ママの顔がきりっとしていたら男の子。

優しい顔をしていたら女の子。

 

お腹が前に突き出ていたら男の子。

横に広がっていたら女の子。

 

さらには、

お肉が食べたくなったら男の子。

野菜を食べたくなったら女の子。

 

という話まで。

 

あくまでも、

予想しながら楽しむくらいの

話と思っていると良いでしょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

正中線は、元々あるものなので

予防することが難しいと言われています。

 

でも、産後は自然と薄くなって目立たなくなります。

 

妊娠すると肌もボロボロ、

身体もなんだか調子が悪い。

と、たくさんの心配事が出てきます。

 

でも、産後もずっと綺麗な人はいますよね。

 

ケアをしっかり続けると、

ずっと女性は綺麗でいられますよ!