妊娠すると悩みがたくさん出ますよね!

その中の一つが妊娠線

という事で、妊娠線が出来る理由や
妊娠線予防についてお届けします。

妊娠線が出来る原因とは?
妊娠線とは、妊娠中に出来る肉割れの事を言います。

ストレッチマークとも言われています。

1番の原因は、急激な体重増加や体形変化。

妊娠中の体は、赤ちゃんを守るために
妊娠初期から後期にかけて、皮下脂肪を蓄えます。

この皮下脂肪は、後期に入って胎児が大きくなった時に、
エネルギーとして与えるために蓄えておくのです。

1人の命を守るために必要な事なのです。

普段通りに食べても太りやすい状態ですし、
つわりが終わって食欲が増すと、
さらに皮下脂肪が厚くなっていきます。

皮下脂肪が増える体重増加というのは、
肌の健康を阻害して妊娠線が出来やすい状況を
作ってしまっているんです。

妊娠線はお腹に出来るというイメージですが、
お腹だけではなく、
腰やお尻、胸、太ももなど全身に出来る場合もあるのです。

また、ホルモンのバランス変化も
1つの原因と言われています。

妊娠中期から後期にかけて、
女性ホルモンとステロイドホルモンの分泌量が増えますが、
これらは皮膚の弾力にかかせないコラーゲンの生成を抑制し、
肌のターンオーバーを阻害するのです。

本来は28日周期で生まれ変わるはずの肌が、
いつまでも古く乾燥した状態のままだと、
妊娠線ができやすくなってしまいます。

また、ホルモンを生成される際に
ビタミンEとビタミンCが使われるのです。

普段の生活よりも大切な栄養素が取られてしまう状態。

妊娠線は、皮膚を作っているいくつもの層の
最下層にある「真皮」がさけることでできる筋です。

最初は濃い赤紫色だったのが、
産後は少しずつ白くなります。

体型が変わり皮膚がのばされたとき、
真皮だけがのびきらずに裂け、
それが肌表面に透けている状態なんだそうです。

皮膚の表面は、細胞がつねに生まれ変わり傷が治りますが
真皮にできた傷はほとんど治りません。

え、じゃあ妊娠線を予防するにはどうすればいいの?

妊娠線の予防方法は?
1.大幅な体重増加を抑える
出産までに増やすのは、
妊娠前にプラス8㎏~10㎏程度にしておく
ことを覚えておきましょう。

妊娠線のデッドラインは
12㎏とも言われておりますので、
最大でもこの辺で!

水を飲んでも太ると感じる
中期以降、体重制限は苦労しますよね。

私の場合、食の好みが大きく変化しました。

一般的にはレモンや梅干しなどの
酸っぱいものが食べたくなると言いますが、

「マックのフライドポテトが食べたい~」

「あそこの味噌ラーメンじゃないと無理~」

「激辛のカラムーチョが食べたい」

とか。

なぜか味の濃いものが無性に食べたくなる時がありました。
食べるものが極端に偏ってしまうと、
必然的に栄養素も偏ってしまいます。

身体に必要な栄養素が摂取されずに、
偏った栄養素が身体に溜まってしまうのです。

また、むくみや便秘の原因ともなります。

食の変化がありますが、つわりが落ち着いた頃
には栄養バランスを意識した食事をしましょう!

2.とにかく保湿!保湿!保湿!
妊娠線は、乾燥や加齢によるものが多いです。

乾燥や加齢により、肌の弾力ややわらかさを作る
コラーゲンの層が弱くなってしまうのです。

また、冷えやむくみによっても乾燥を促進させ、
妊娠線ができやすくなることもあります。

でも、
肌のうるおいを保つ保湿ケア

血行をよくする(むくみを改善する)マッサージ

をすることで予防できます。

妊娠線は妊婦さんの約7割ができると言われています。

私は肌が強いから大丈夫とは思わずに
予防しておきましょうね!