みなさんこんにちは。
お元気でお過ごしでしょうか。
はぐくみ鯛子です。

 

とうとう

ゴミ箱を

床に

おける

日が

 

(古い?一周まわってオッケイ?
…もう鯛子よくわからない。)

 

 

俵万智の有名な短歌

「この味がいいね」と

君が言ったから   

七月六日はサラダ記念日

 

へのオマージュで始まりました、

本日は子育て短歌。

 

 

【今月の子育て短歌】

「ゴミ箱は床ね」と

君が言ったから 

2月6日は ゴミ箱記念日

 

 

とにかく、
床に物を置かない日々が
長く続いておりました。

 

ゴミ箱なんて、

絶対

手の届かない所に上げていました。

 

 

しかし、

 

 

 

彼らもいつか、

ゴミ箱は、
ゴミを捨てる箱だと
気が付いてくれるのです。

 

そして鯛子は、

厳かに

床に

ゴミ箱を

置いた。

 

 

Queenの名曲

ボヘミアンラプソディが流れている。

ママ〜

 

フレディー!

 

 

 

感慨深い。

 

 

もう、
いいのね。

 

床に置いても。

 

 

ゴミを出し散らかされたり、

 

大事な物を捨てられたり、

 

 

 

カァー。

 

しないのね。

 

 

 

 

ゴミ箱を床に置けたことを、
短歌にしたくなるような、

そんな日が来るなんて。

 

 

鯛子
久しぶりに感じる
心の奥から湧き上がる喜び。

 

がんばってきて良かった。

 

 

皆さんも、
いつかそんな日がきますから。
大丈夫よ。
(まさかの上から目線。)

 

えっ

むしろ
今までも

床に置いてた?

 

いやいや。

聞こえない。

そんなことはありえない。

 

三度のやる夫。

 

えっ

まだ、

 

『翔んで埼玉』を

 

観てない?

いやいや。

 

ありえない。

しつこくやる夫。

 

 

あれを観てないなら

 

今が観るとき。

 

いろんな意味で。

 

何が良いって、
麿赤兒さんのあの身体表現。

 

彼の舞踏を少し感じさせてくれた、

攻め入られたときのシーン。

 

 

感動した。このポーズ。

 

脚がね

こんなにも

脚ではない

何かのように動く

凄み。

 

こんなお父さん
最高だよな。

 

 

ちなみにリアル息子は大森南朋ね。

思春期にオヤジが全身白塗りで踊り散らかしていると言う経歴。

悔しいが

勝てない。

 

 

鯛子もちょっと練習しましたけど、
あの前衛的な舞踏表現には、
遥か遠く及ばなかった。

 

まだまだだわ。
鯛子。

 

やっぱり全身白塗りのインパクト。
すごい。

 

はぁーすごいわ。

がんばらなきゃ。

人生、
何に励まされるか分からないものです。

 

 

みなさんは、
まず、
ゴミ箱を床に置けるまで
がんばるように。

 

麿赤兒は、
その後です。

 

じゅんばんばん!

 

それでは、
麿赤兒ポーズで、

 

よっこらせ、

今日も一日がんばってこー!